品質管理体制

品質方針

  • 「顧客満足」の得られる商品・サービスの提供。
  • 「品質向上」と「クレーム防止」の追求。
  • 「継続的改善」の推進。

信頼を担う優れた安全性を重視した品質管理

化粧品、医薬、試薬、健康食品関係の容器を中心にご提供するにあたり、当社は何よりも優れた安全性を重視しています。
それはつまり消費者の方にとって安心してご使用いただける容器であること。
そこに企業の一商品としての信頼を担っていることを常に念頭に置き、徹底的な品質管理を行っています。

自社基準に基づき、容器のカケやキズ、色調から汚れ、印刷の不良などに至るまで、徹底して行われる外観検査。 この検査は、クリーンルームを始めとした清潔な環境の中で、熟練した検査員の眼で厳しく判断されています。

さらに、嵌合検査、印刷・塗装の密着強度試験、真空装置で減圧し気密性を調べる液洩れ試験、温度変化への耐久性を測定する環境試験などの、多岐にわたる機能検査。
そして、寸法や重容量測定などの計量検査と、いくつもの段階を経て、厳重かつ緻密に品質をチェック。
その結果、すべてをクリアした高品質で安全性の高いものだけを、自信を持って送り出しています。

  • プッシュプルゲージでの圧縮・牽引検査
  • 真空装置での液漏れ試験
  • 恒温槽での環境試験
  • 画像寸法測定器での測定
  • デジタルマイクロスコープでの観察

品質管理の向上性を実現化するクリーンルーム

「社員一人一人が製品の品質向上を目指す」という企業姿勢のひとつの表明として、当社ではクリーンルームと洗浄ラインを設けています。
クリーンルームでは、高性能HEPAフィルター搭載のクリーンエアコンを通して埃や微粒子を取り除くと同時に、常に空気を循環させ陽圧(※)にすることで、ドアの開閉や人の出入りの際の埃や異物の侵入も防いで、室内をクリーンに保っています。 さらに、防虫対策においても、専門の管理会社に委託し、定期的に指導を受けるなど、徹底して取り組んでいます。  ※ 陽圧とは気圧を高く保つことです

クリーンルームへの検査員の入退室や検査品の搬入・搬出に関しても、埃や異物の侵入に細心の注意をはらい、より精度の高い製品検査の実施を可能にしました。 [ クリーン度 クラス 100,000(0.5µm) ]

  • 搬入
    クリーンローラーで段ボール箱の表面の汚れを落とし、エアーシャワーを経てから搬入。
  • エアーシャワー
    クリーンルーム専用の帽子と白衣を着用。専用の靴に履き替え、エアーシャワーを経てから入室。
  • 検査のライン
    クリーンな環境の中で、経験豊かな検査員による検査が行われます。
  • エアー洗浄
    静電気で付着した粉塵をイオン洗浄を用いた静電ブロー集塵機によって内面・外面ともに除去します。
  • トレー用エアー洗浄
    トレークリーナー「GⅡ」(自社開発品)
    静電気を帯びやすく粉塵が付着しやすいトレーや緩衝材も、専用の除電ブロー式エアー洗浄機によって、より効果的にクリーンに保ちます。 動画によるご説明
  • 搬出
    検査終了品の入った段ボール箱にガムテープを貼り、二重カーテンの搬出口より搬出。

洗浄ライン(クリーンルーム内)

  • 水道水を原水とし、活性炭濾過器での残留塩素除去、軟水装置での硬度成分除去、RO膜(※)によりイオン分を低減したRO水の製造、さらにRO水のUV殺菌装置を設置しております。
    併設されたガラス瓶を主とする全自動の洗瓶ラインではRO水を使用して内面・外面ともに洗 浄され、自動乾燥されます。

    ※ RO膜とはReverse(逆) Osmosis(浸透圧)の頭文字をとったもので、逆浸透膜ともいい、超微細な孔を無数に持ったフィルターです。 このRO膜により処理を施した水をRO水といいます。

<ページの先頭に戻る