エコロジーへの取り組み

地球環境の未来を見つめて

「顕在化する地球環境の悪化に対して、今何をするべきなのか」
というエコロジーへの確固たる姿勢こそ、今の企業にとってなくてはならないもの。
私たちは容器を提供する会社として、エコ活動をひとつの企業方針に掲げ、取り組んでいます。
製品においては、環境対応樹脂容器の普及、レフィルの入れ替えで容器を繰り返し使用できる形態の開発、ガラス瓶でのリサイクル&リデュース活動による循環型社会形成の推進等、多方面から実行。
現状に満足することなく、今後もよりいっそうの社会貢献を命題とし、地球環境に配慮した容器、さらにはシステムを構築していきたいと考えています。

環境対応樹脂容器の普及を推進

地球温暖化や石油資源の枯渇などの環境問題・エネルギー問題がクローズアップされる中、従来の石油資源を原料とするプラスチックに代わり、環境負荷の低いカーボンニュートラル(※)な植物由来プラスチック(バイオマス)が注目を集めています。
当社でも多種の環境対応樹脂の取り扱いがありますが、中でも「Bio-PE」に注目し、その普及に力を入れています。

※カーボンニュートラル
植物由来のものを原料とする樹脂は、植物が成長過程にCO2を吸収するところから、廃棄時に焼却した場合も理論上CO2を増やすことにはならず、環境にやさしいとする考え方です。

Bio-PEとは

植物を原料に製造されるバイオエタノールから取り出したエチレンを元に製造されるポリエチレン。全てBio-PEで成形すれば96%がバイオマス由来となり、石油由来のPEと比べ、CO2が7割程度削減できます。エチレンを製造後は石油由来のPEと同じプロセスでポリエチレンを製造するので、ポリエチレン用の成形機・金型で容易に形成できることも魅力です。
従来のPEと、色調もほとんど変わりありません。
耐熱性・耐衝撃性・加工性も同等で、匂いもなく、耐薬性も一般的な化粧品やシャンプー等では問題なく、実績もあります。
材質表示は「PE」で、当社の全PE製品が対象(※)となり、 製品中にBio-PEの含有量が25%以上あれば、JBPA(日本バイオプラスチック協会)に登録の上、BPマークの取得も可能です。◎ボトルのみ対象となります。
※例外の製品もありますので、お問い合わせ下さい。

社屋における太陽光発電の導入

太陽光発電はエネルギー資源問題の有力な解決策のひとつであり、発電過程でCO2を排出しないことから、クリーンであることも大きな特徴です。
当社では本社社屋に太陽光パネルを設置。
地球環境にやさしいクリーンエネルギーの採用により、環境の保全に取り組んでいます。

<ページの先頭に戻る