インフォメーション

おしらせ(会社情報)

2018年06月21日

大阪北部地震による影響について (第4報)

(第4報) 2018年6月21日 18時30分

いつもお世話になっております。
このたびは、大阪北部地震によりお取引先様には多大なご迷惑ご心配をおかけいたしました事、深くお詫び申し上げます。

<事務所破損状況等>
第3報でお知らせいたしましたが、本社社屋4階事務所内部の壁(石膏ボード等)が、今回の地震で南北に激しい揺れが生じたために転倒防止で打ち付けていたキャビネットとともに剥がれ落ち、転倒いたしました。
また、いたる所で壁(石膏ボード)に亀裂が入り壁紙が破れたり、OAフロアも激しい揺れによりあちらこちらで浮き上がっております。
また、デスク等の各什器も揺れにより移動や転倒したため書類類も散乱しておりました。
ショールームに関しても同様で、展示しておりました商品が棚から落下したため、割れて破損したものなどが床に散乱いたしました。
今回、このような状況の為、事務所復旧工事を行うため、急遽、被害が無かった1階から3階の事務所フロア及び社員食堂やMLFP茨木倉庫事務所に仮事務所を設置し6月20日から通常通り営業再開をいたしました。

幸いにも、建築会社(ゼネコン)様の調査では基礎及び鉄骨、屋根には損傷なく建物の構造には異状なしと判断されました。但し、一部ALCの外壁に損傷があることと、荷物用昇降機3台のうち1台の昇降レールが曲がっていることから使用不可になっており修理待ちの状態、洗浄室のRO水設備の電線が切断しており修理のための部材待ちの状況で、明日22日午前中には修理完了の予定です。
倉庫内部では製品落下や転倒も数点あった程度で問題なく、地震当日より入出荷作業を実施しております。

上記のような状況のため、事務所改修工事に日数を要することから、当面の間、仮事務所で営業を行います。

弊社では、2016年4月に事業継続計画(BCP)を策定していたことで、今回地震発生後3営業日より通常営業が再開できました。
お取引先様の皆様には当面の間、仮事務所での対応となり、ご不便をおかけしますが、ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

<ページの先頭に戻る